「なぎなた防具のスネ当て」について。剣道にはなく、なぎなたにだけある防具。

剣道の防具には無い、
なぎなたの防具スネ当て。

脛への攻撃自体が珍しいかもね。

脛当てには、メーカーごとに違いがある。

大体、

膝を守る、

脛を守る

足の甲を守る、

構造になっている物が多い。

サイズは、子供用から大人用まであり
ベテランの人は、
オーダーメイドで作る人もいるみたい。

脛当ては、上手い人が打つと
多少痛いが正確に竹の部分に当たるので
まあまあ耐えれる痛みだけど、

上手くない人の場合、
膝の近くや
足の甲の方に当たる事があって
やっぱり脛当てを付けてて
良かったと思う事がある。

なぎなたに欠かせない脛当て。

なぎなたと剣道との異種試合で
脛への攻撃を見る事が多いと思う。

剣道の人は、脛への攻撃が避けにくいので
(普段、剣道の人は
 脛への攻撃の防御練習をしていない)

なぎなたの上手い人になると

脛への攻撃をなぎなたで上手く捌いたり、

足を動かしたり、
上げたりして
上手く躱したりしているので

試合で見てみると面白いと思うよ!

脛当ての竹が割れた時の修復に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です