「武のマンガ」カテゴリーアーカイブ

武芸のマンガ「武芸道行 NERU」。武芸十八般の探求漫画で面白い!

武芸のマンガ「武芸道行 NERU」が
週刊少年ジャンプで連載されている。

・『武芸道行 NERU』集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

試し読み

・[第一般]NERU-武芸道行-/本誌新連載試し読み – 比良賀みん也 少年ジャンプ+

子供の頃から祖父より武芸を修行している少年ネルが

武芸の学校である天門武芸十八般高校に入学し
武芸家を目指すマンガで

天門武芸十八般高校では

武芸十八般を学ぶようで
まだマンガに詳しく内容が出てきていない武芸もあるが

必修術目として必修の武芸が

●馬術
(一般的なイメージでは乗馬のような感じで馬を操る武芸)

●柔術
(一般的なイメージでは柔道や合気道のように
素手で戦う投げ技や関節技が中心の武芸)

●泳法術
(一般的なイメージでは水泳のような感じで
水上や水中で行う武芸) 

●隠形術
(一般的なイメージでは忍者のように隠れながら戦う
忍びの術などと呼ばれている感じの武芸)

選択術目として選択できる武芸が

刀剣科として刀系の武芸は、

※あくまで私のイメージなので
 実際には相違点があるかもしれないので参考程度で(^-^;)

●剣術
(一般的なイメージでは刀で戦う武芸の総称)
 
●抜刀術
(一般的なイメージでは、鞘に刀を収めた状態で
抜刀しながら戦う武芸で居合術とも呼ばれている武芸)
 
●短刀術
(一般的なイメージでは脇差よりも短い短刀で戦う武芸で
刀が短い分、体術も組み合わせて戦う流派もある武芸)

長柄科として長物の武具系の武芸は、

●棒術
(一般的なイメージでは2m弱ぐらいの棒を使って戦う武芸
長物の武具を学ぶのに最初に学ぶと分かりやすいと
言われている武芸) 

●薙刀術
(一般的なイメージでは2mぐらいの棒状の武具の先に
刀のような形の刃物が付いた薙刀という
武具を使って戦う武芸
お寺を守る僧兵などが使っていた武芸)

●槍術
(一般的なイメージでは3mぐらいの棒状の武具の先に
尖った槍先が付いた武具を使って戦う武芸
戦国時代に戦場で一番使われていた武芸) 

捕縛科として戦うというよりは捉えるための武芸は
 
●捕手術
(一般的なイメージでは縄などを使って敵や無法者を
捕縛するための武芸) 

●十手術
(一般的なイメージでは十手という鉄の棒状の物を使って
敵と戦ったり無法者を捕縛するための武芸) 

●もじり術
(一般的なイメージでは袖搦(そでがらみ)とも呼ばれていて
棒状の物の先に袖や服を引っ掛けて捕縛するための
鉄製の返しが付いている武具を使って
主に無法者を捕縛するための武芸) 

飛道具科として武具を飛ばして戦う武芸は、
 
●弓術
(一般的なイメージでは弓道のような感じで
弓で矢を射る武芸でそれ以外にも
弓自体やや自体を使って戦う武芸でもある) 

●砲術
(一般的なイメージではライフル銃のイメージで
火縄銃で弾丸を飛ばして敵を打つ武芸) 

●鎖鎌術
(一般的なイメージでは、
忍者などが使っているイメージで
鎌に分銅付きの鎖が繋がっている鎖鎌で戦う武芸
接近戦では鎌を使った鎌術で戦い
離れたところからは、分銅付きの鎖の分銅鎖術で
戦う武芸)   

●針術
(一般的なイメージでは口に含んだ針を飛ばす含針で
主に接近戦で使われる武芸) 

●手裏剣術
(一般的なイメージでは、
忍者などが使っている手裏剣を飛ばして
敵に当てながら戦う武芸で
接近戦では投げず握ったまま使ったりする武芸)

このように内容が盛り沢山の
NERU-武芸道行-の天門武芸十八般高校だが
本当にあったら是非、入学したいぐらいだ(^-^)

これからどのように展開していくか
とても楽しみ。

様々な武芸が出てくる
「Masterグレープ」よりも
さらに様々な武芸が出てくる武芸マンガなので
永く続いて欲しいと思う。

武芸十八般のように
様々な武芸に興味がある人は
是非、見てみてね!

私も毎週、「今週は何の武芸?」みたいな感じで
楽しみだよ(^-^)/

珍しいローマで砲術で戦う侍のマンガ「イサック」。砲術に興味がある人に!

珍しい侍がローマへ行き砲術で
活躍するマンガを見つけた。

興味のある人は是非、見てみてね!

・イサック -DOUBLE-S- 真刈信二- 第1話 たった一人の援軍 コミックDAYS

※大阪府堺市の火縄銃が使われているみたい!

[書籍のメール便同梱は2冊まで]/火縄銃[本/雑誌] / 所荘吉/著

今週更新 武の漫画「我間乱-修羅-」【第百四十五話】”単独行動”長巻術 対 エークディ術?

今日、武術漫画「我間乱-修羅-」が更新され
【第百四十五話】”単独行動”が公開された。

・「我間乱-修羅-」【第百四十五話】”単独行動”

碇谷新蔵(九龍亮吾)長巻術 

対 

限解天兵 現羅 エークディ術?

の戦いが始まりそうだ。

武術漫画「我間乱-修羅-」は、本当に面白い!

元々大亀流という剣術流派のマンガだが

剣術だけどなく
他の日本武術や
中国武術、西洋武術、インド武術、古代武術など

様々な武術 対 武術が戦うところが
「実際、戦ったらこんな感じになるのかな?」
という想像を掻き立てる。

結局、戦いで強い弱いは
どの武術が優れていて
どの武術が優れていないではなく
その人、本人が強いか弱いかなので

勝ったから
その武術が強いとか

負けたから
その武術が弱いということではない。

と私は思っている。

武術漫画「我間乱-修羅-」にも
様々な武術が出てくるが

勝ったから強いとか
負けたから弱いとは
思わないので

戦闘技術自体に注目している。

毎週木曜日更新予定で
楽しみな「我間乱-修羅-」

武器術の戦いに興味のある人は
是非、見てみてね(^-^)/