「武術・武道・武芸イベント」カテゴリーアーカイブ

スポーツ庁が日本の武道を外国人へ紹介してくれてるみたい「武道ツーリズム」

日本のスポーツ庁が日本へ訪日外国人旅行者へ
日本の武道を紹介してくれてるみたい
「武道ツーリズム」というものを提供してくれているみたい。

外国へ日本の良きものを
伝えてくれるのは嬉しいね。

・スポーツ庁 Web広報マガジン コロナ禍から反転攻勢に向けた「武道ツーリズム」

・スポーツ庁 Web広報マガジン コロナ時代の新たなチャレンジ!デジタルを活用した武道ツーリズムの最前線に迫る

私が修行している天道流薙刀術にも
外国人の先輩が沢山居て

日本に住んでいて
いつも稽古に来ている外国人の先輩もいるし、

普段は、外国へ住んでいて
日本へ時々習いに修行へ来ている先輩もいる。

よく思うのが
日本人の方が何となく緊張感が無くて
外国人の方が侍の雰囲気の緊張感がある。

これは他の武道や格闘技でも思うんだけど

外国人は戦いの稽古というか練習に関して

かなり真剣(手加減無しの怖いぐらいの時も・・・。)で

治安の悪い国に住んでいる人ほど

その傾向が強い気がする。

日本は、比較的安全な国なので

全ての人とは言わないけど

日本人は平和ボケしているところがある人が多いと思う。

自分の命は自分で守らないといけないという緊張感が。

外国の場合、何かあれば
すぐ刺されたり撃たれたりする可能性が
日本よりも高い国も多いだろう。

だからこそ、観光で来ていたとしても
武道のように戦いに関わるものには

真剣な眼差しで見ながら
真剣に接する気持ちがあるのだと思う。

それと少しでも侍の時代の日本人が

何を考え、どう生きていたかという事を

知ってもらえるのは、とても良い事だと思う。

この「武道ツーリズム」のように
日本の武道を世界の人達へ知ってもらえる機会は、
どんどん増えて欲しいと思うよ。

先月、オンライン併用の琉球古武道大会が行われたみたい。武道の世界もオンラインへ。

先日、琉球古武道の大会がオンラインで行われたみたい。

・第1回 ワールド琉球古武道チャンピオンシップ – ワールド琉球古武道チャンピオンシップのページです_jp-

これも時代かな~と思う。

コロナの影響でいつ、会場を抑えて
まともな大会が出来るかどうか分からない状態が続いてる。

おそらく、今年もどうなるか
分からない状況。

そんな中で始まったオンラインによる武道大会。

これであれば、決まった場所に行かなくても
全世界中から参加出来るし
見る側も会場に行かなくても見れる。

参加する側も観客側も楽しめるイベントだね。

その内、VR(バーチャルリアリティ)などで
組手の試合も行われるのかも知れない。

ちょっとゲームみたいだけど
武道の世界もデジタル化だね。

この流れは、止まらないだろう。

武道の世界は理系の人も多いから
デジタルを駆使した武道家が
誕生するかも知れないね。

もういるかも。

東映太秦映画村で「エヴァンゲリオン京都基地」。ロボットと日本刀と舞妓さん

日本にはディズニーランドやUSJなど
様々なテーマパークがあるが

やっぱり一番は、京都の東映太秦映画村だろう!

ディズニーランドやUSJは、
あまり行きたいと思わないが
東映太秦映画村は、好きだ!

・東映太秦映画村_com-

「ロボットに乗り込む舞妓さん?!」
という強引さが面白くて良い(^-^)/

その京都の東映太秦映画村で10月3日から
「エヴァンゲリオン京都基地」が
始まるようだ。

アトラクションで
エヴァンゲリオン初号機の
コクピットに実際に乗る事が出来るみたい。

・エヴァンゲリオン京都基地 東映太秦映画村

それに合わせてアスカ仕様の日本刀や槍など
日本刀が全23点も展示されるとの事。

・アスカ仕様の日本刀も 「エヴァンゲリオン京都基地」 グランドオープン間近(マグミクス) – Yahoo!ニュース

・ヱヴァンゲリヲンと日本刀展  エヴァンゲリオン京都基地 東映太秦映画村

新型コロナウイルスの影響
で外出をしないようにしている人も
いるようだが

殆ど重症化しない子供や若者は
外出を控える必要は無いだろう。

たかが風邪ウイルスの一種に過ぎない
新型コロナウイルスなど気にせず

子供や若い時代の大切な時間を
無駄に過ごさないように

いつまでも家に閉じこもってないで
どんどん出かけて人生を楽しもう(^-^)