「武芸者の探求と修行の日々」カテゴリーアーカイブ

コロナ下での修行。最初の緊急事態宣言から1年6ヶ月ぐらい経つ。そろそろ決めないといけない。

新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言が行なわれてから
もう1年6ヶ月ぐらい経つ。

各地域の武道館やスポーツセンターなどが休館になり
一時的に道場などでの武道の稽古が中止になった。

その後、マスクをしながら限られた時間帯に
稽古している道場もあるようだが

緊急事態宣言が行なわれる度に
緊急事態宣言の地域も地域以外も
稽古場所が休館になったりしているので
そのまま休止状態になっている道場もあるようだ。

私が通っていた道場も
緊急事態宣言の度に休館になったり
武道館の武道教室も中止になったりしている。

未だ、いつ終息するかも
治療薬が医療機関へ供給されるかも
ハッキリと分からない状態が続いている。

マスクを外して自由に稽古出来る日は、
もういつになるのか分からない。

もう当分の間、道場へは行かず
自主稽古をする事に決めて

自由に稽古が出来るまで
自分の武の能力を高める事に集中しようと思う。

まずは、今まで学んできた武を中心に
もう一度、思い出しながら
一通り自主稽古していこうと思う。

本当に強くなる“一人稽古” 武道の「型」が秘めた“体内感覚養成法” [ 中野由哲 ]

緊急事態宣言の地域が広がっている。それでも稽古は行われるようだ。

緊急事態宣言や
まん延防止等重点措置が出てされてから
もう一年半ぐらいになってきている。

以前は、
即、武道館やスポーツセンターは休館で
使用中止になっていたが

そんな事、ばかりしていられないので
緊急事態宣言や
まん延防止等重点措置が出ても
時間を短縮してでも稽古が行なわれる道場も
増えているようだ。

私は喪中ということもあり気持ち的に
まだ武道稽古へ参加する気にはなれないので
参加しないけど

私が通っていた道場は、
稽古が行なわれているようだ。

武術や武道の世界にも
コロナの影響が出ている。

どのように武道の修行を続けていくのかが
個々の武道家に問われる一年半だったような気がする。

気持ち的にも仕事や生活環境などでも

自主練習などを何もしない人や
何も出来ない人もいるだろうし

コロナ禍の中でも
毎日自宅で出来る事を
コツコツ続けている人もいると思う。

いつまで続くか分からないコロナ禍。

コロナ禍でも自分自身を高める修行は
常に続けていかないといけないね(^-^)

本当はこわくない新型コロナウイルス 最新科学情報から解明する「日本コロナ」の真実【電子書籍】[ 井上 正康 ]

武道館やスポーツセンターが復活!緊急事態宣言が解除。武道の稽古再開だね!

沖縄県以外の緊急事態宣言が解除され、

武道館やスポーツセンターなど
武道の稽古場所が使えるところが出てきている。

私が元々通っていた武道館やスポーツセンターの多くも
コロナ対策をした上で
(マスク着用、消毒液、入口体温時計など)
利用できるようになっているようで
近々稽古が再開するようだ。

去年から緊急事態宣言の度に、
緊急事態宣言や
まん延防止等重点措置以外の

都道府県でも
多くのスポーツ施設が休館していた。

このまま、どうなるのか
分からないけど、

とりあえずは、各武道の稽古が再開されるので
武道好きの人達は次の稽古を楽しみにしてると思う。

私は、現在のところ喪中であるため
道場稽古をする気持ちに
中々切り替える事が出来ないが

少しずつ去年から鈍った身体を
鍛え直していこうと思う。

心の整理がついたら
武術や武道の道場へ
新たな気持ちで修行へ向かおうと思う。

このままコロナが終息し、

以前のように自由に

武術や武道の道場稽古が出来る環境が続くと良いね(^-^)/

「新型コロナウイルス」ー正しく怖がるにはどうすればいいのかー【電子書籍】[ 木村良一 ]