先日の天道流薙刀術の稽古。初段の表の型。若い人達の参加。

先日、天道流薙刀術の稽古へ行ってきた。

道場へ行くと市の博物館で薙刀に関する展示が
行なわれるとの事で

天道流の稽古用の樫薙、太刀用木刀、
小太刀用木刀、短刀用木刀、
懐刀用木刀、木製の鎖鎌稽古用、
杖などが道場に置かれていて

稽古の前に先生から
天道流で使う稽古用の木刀などの
説明を受けた。

その後、稽古が始まり

全体稽古の後、熟練度でグループ分けされ

私のグループは、初段の表の型

・一文字の乱
・清真の乱
・石突小石返の乱
・清志脇留
・清志岩崩

の5つを繰り返し稽古した。

今回は、初めての人が来ていたので
一文字の乱、清真の乱、石突小石返しの乱まで
後半は一緒に稽古した。

若い人で他でも武道経験があるとのことで
覚えるのが早く動きもスムーズで
早く上達しそうな感じだった。

伝統を次の世代に伝えていくためには
どの伝統でも若い人に参加してもらって
楽しんでもらう環境が大切だと思う。

薙刀術の世界もなぎなたの世界も
女性が多いので

これからは男性で薙刀術を
始める人が増えてくると良いと思う。

もう少し進むと
天道流の杖術を教えていただけると
先生からお話があったので
とても楽しみだ(^-^)

日本の古武道 天道流薙刀術 [ 美田村武子 ]

天道流薙刀術入門 剛直にして精緻!古流の<捌き>を学ぶ! 【DVD】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です