先日の天道流薙刀術の稽古。何十回も何百回も繰り返す。

先日、天道流薙刀術の稽古へ行ってきた。

先輩といろいろとお話をしていて
同じ動作を何十回も何百回も繰り返して
技が出来るようになってくる。

だからそういう稽古が
結局のところ大切というお話になった。

私自身もそう思う。

同じ技を何度も繰り返していくと洗練されていくし
そういう稽古の中で気付くことや
身体動作のコツも見えてきたりする。

成長にはもちろん知識も必要だが

それより先にまずは稽古量が大切だ。

以前ある武術家の先生に
「技は覚えるだけではだめ、
 何度も繰り返して
 無意識に使えるぐらいにする必要がある。」
と言われたことがある。

確かにそうだ。

これからもどんどん技を繰り返し行ない
どんどん練り上げていこうと思う。(^-^)

日本の古武道 天道流薙刀術 [ 美田村武子 ]

天道流薙刀術入門 剛直にして精緻!古流の<捌き>を学ぶ! 【DVD】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です