先日の天道流薙刀術の稽古。一人練習の弊害とそれを克服するには。

先日、天道流薙刀術の稽古へ行ってきた。

最近指摘されるのが相対稽古で
相手の動きを読み取りながら
動くのではなく自分のペースで
どんどん技をやっているというところ。

これは一人練習の弊害で本来であれば
一人練習の時も相手を想定して
相手の動きを読み取りながらしないといけないが

最近は、薙刀の斬撃を
より速くするには
より強い破壊力を出すには、

ばかりをテーマに探究していたので
(この部分は上手く成長している)
相手の変化に合わせて反応しながら
技を行なうことを少し疎かにしていた。

今後は、一人練習の時に
スピードを落としてでも
相手の動きの変化を正確にイメージしながら
丁寧に技を行なうようにしようと思う。

日本の古武道 天道流薙刀術 [ 美田村武子 ]

天道流薙刀術入門 剛直にして精緻!古流の<捌き>を学ぶ! 【DVD】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です