先日のなぎなたの稽古。八相の構えの修正と仕掛け応じの下がり方

先日、なぎなたの稽古へ行ってきた。

今回、八相の構えからの動作が違うと指摘された。
自分でも気付かなかったが確かにそうだった。

腰に来る手の位置が必要以上に
動いていることに気付いた。

手を意識しながら稽古すると修正が出来た。

あと仕掛け応じの応じ側の時の
後ろへの下がり方の角度や移動距離
などが正しく一定になっていなかったので
下がる方向を意識しながら稽古すると修正出来た。

結構、厳し目に教えていただいているので
細かなところで自分でも気付いていないところで
勉強になることが多い。

頑張ってなぎなたの身体を作っていこうと思う(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です