居合刀での稽古のメリット、デメリット。

今日は、居合刀での
稽古のメリットとデメリットを
書いてみようと思う。

メリット
・適度な緊張感
(刃はついてないが
 刀の形と同じなので)

・侍の気持ちになれる
(真剣の記事に書いたのと同じ)

・安全に稽古出来る。
(先が尖っているので
 そこだけ気をつける必要があるが
 刃がついていないので
 真剣ほど危険じゃない)

・軽い
(真剣でも軽いものがあると思うが
 居合刀の方が軽いと思う)

・ある程度安い。
(真剣より明らかに安い)

デメリット
・動きが雑になってしまう時がある
(刃がついていないので
 「大丈夫だろう」と思って、
 動きが雑になってしまう場合がある)

・やっぱり緊張感が違う。
(真剣ほど緊張感が沸かない)

私が今、思う居合刀の
メリットとデメリットは
こんな感じかな。

ただ普通に稽古には使えるし
いきなり真剣だと危険なので
多くの居合や剣術の団体が
居合刀で稽古して刀の扱い方を
学んでから真剣での稽古に入ると思うので
居合刀は稽古に有効的なものだと思う。

明日は、
木刀での稽古の
メリットとデメリットを
書いてみようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です