先日の宝蔵院流槍術の稽古。歩法+槍の使い方。

先日の宝蔵院流槍術の稽古は、
歩法+槍の「しごき」という使い方だった。

先輩方も
みんなで行なう基本稽古のようだ。

今日は、鎌槍ではなく
素槍の一番長い物を使ってみた。

長い素槍は、
かなり重いので歩法を行ないながら
槍を動かす動作は中々難しい。

どうしても力任せで槍を動かしてしまう。

ちょっと稽古すると
腕の筋肉がパンパンに張ってくる。

まだまだコツがつかめてない。

最後の方には何とか
歩法+槍の使い方+前後の動きで
動けるようになった。

歩法は、ある意味
なぎなたに似ているところがあるので
それが活きてスムーズに歩法が出来るいるのだと思う。

どんどん進んで行くので次の稽古が楽しみだ。

それにしても槍、欲しいな~(^-^)

日本の古武道 宝蔵院流高田派槍術 [ 西川源内 ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です