先日の宝蔵院槍術稽古。今まで習った技の組み合わせで型稽古。

先日の稽古では素槍を中心に持って稽古していた。

素槍は重いので稽古途中で腕が張ってくるぐらいだ。

先輩方や先生方は軽々槍を振っておられるが
コツがあるのだろうな~と思う。

今、学ばせていただいている先生は
感覚的な説明と論理的な説明を組み合わせて
教えていただいているので
とても分かりやすく指導が上手な先生だ。

私は中国武術の槍を少し講習会へ参加した程度だが
全くの初心者ではない。

ただ一緒に稽古へ参加している
武道経験の無い人達にも
とても分かりやすいと思う。

みなさんどんどん上達しているので。

今回も基本技の稽古を繰り返し行ない。

新しい技をいくつか教えていただいてから
今まで学ばせていただいた技の組み合わせでの
型稽古になった。

一つ一つの技も面白いが
連続でつなげて行なうことで
実戦でどのように使うのかが
イメージ出来るようになるので
さらに面白い。

最後に先生方や先輩方の演武を
見学させていただいた。

とても技が多彩で
宝蔵院流槍術の稽古へ参加する前に
思っていた印象と違い
どんどん面白さが増していきそうだ。

今は宝蔵院の鎌槍が欲しいな~と凄く思う(^-^)

日本の古武道 宝蔵院流高田派槍術 [ 西川源内 ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です