先日の宝蔵院槍術の稽古。猛暑の中の7本目の巻槍。

先日、宝蔵院流槍術の稽古へ行った。

入門して一年後に初級になるためには
槍合わせの型 表の14本を出来るようになる必要がある。

今回は、7本目の巻槍を教えていただいた。

これからどんどん複雑な動作になっていくらしい。

暑い中、意識が飛びそうになりながらも
一所懸命稽古した。

武術や武道の稽古は基本道着だが
毎回稽古に参加する際
「夏場ぐらいもっと涼しい道着にならないかな?」
と皆、思っていると思う。

日本の古武道 宝蔵院流高田派槍術 [ 西川源内 ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です