先日、砲術家の先生とお会いした。火縄銃が沢山。

先日、居合の先生に付き添わせていただいて
砲術家の先生にお会いした。

様々な武器を集めておられて
道場で指導もされているとのことで
お話をお聞きするだけでも勉強のなることが多かった。

火縄銃だけでも沢山あったが
その他にも忍者の武器や鎖帷子、
槍や薙刀、袖絡みなど
日本で古くから使われているの武具や甲冑など
かなり貴重な物を沢山見せていただいた。

道場も見せていただき
あらゆる武具の稽古が出来る環境もあり
時間が合えば通わせていただきたいと思った。

私自身も武器術を少し学んでいることもあって
お話の中で
「うちのイベントで演武しないか?」
とのお話をいただいたが

(かなり大きなイベント^^;)

交通事故のリハビリ中で
まだ人前で完全に動けるほどのなっていないのと

ここ数年様々なことがあり時間の制約があって
稽古不足で体自体がなまっていて

来年四月ぐらいを目安に
武術や武道が完全に出来る体に戻す予定なので
それからであれば少し考えてみようと思う。

江戸の砲術師たち (平凡社新書) [ 宇田川武久 ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です