先日の西日本古武道大会。複数の流派が見る事が出来る貴重な大会。

先日、阿倍野スポーツセンターで毎年行なわれている
西日本古武道大会を見に行ってきた。

今までも毎年見に来ようと思いつつ
中々時間が合わず来れなかったので
今回とても楽しみだった。

パンフレットが300円で販売されており

演武していた流派は

居合が円心流居合据物剣法、

古流全般が
日本の古武道 香取神道流剣術 [ 飯篠快貞 ]
日本の古武道 心形刀流剣術 [ 加藤文朗 ]

杖術が
日本の古武道 無比無敵流杖術 [ 根本平三朗 ]
神道夢想流杖術

棒術が
日本の古武道 竹生島流棒術 [ 松浦良夫 ]

薙刀術が
日本の古武道 楊心流薙刀術 [ 小山宜子 ]
日本の古武道 直心影流薙刀術 [ 戸谷明子 ]

弓術が
日本の古武道 小笠原流弓馬術 [ 小笠原清信 ]

槍術が
日本の古武道 宝蔵院流高田派槍術 [ 西川源内 ]
日本の古武道 佐分利流槍術 [ 川瀬元一 ]

柔術が
日本の古武道 渋川流柔術 [ 古川鉄美 ]
大東流合気柔術、
本體楊心流柔術だった。

流派事の演武時間が思ったより短いので
よく見ていないと見逃してしまうぐらいの感じだった。

中々直接見る事が出来ない流派が多かったので
とても良い刺激になった。

全般的に見ていて気付いたのが
棒術は琉球古武道の棒術のような扱い方ではなく
刀や杖の扱い方で身体操作を行なっていた事と

薙刀術は薙刀を水平に構えず斜めに構える事と
持ち手が一番端を持っていた事だ。

抜刀納刀は流派によって
様々なやり方がある事も知った。

試斬も流派によって
いろいろとやり方があるようだ。

古流は元々武芸十八般だったはずなので
体術を含めた複数の武器術が
残っている流派も多かった。

いろいろ観察しながら見ていると
勉強になる事が多いので
また演武大会があれば見に行きたいと思う(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です