継続は、とても大切。維持ではなく上達を目指す事。

稽古や練習の継続は、
とても大切な事。

その際、維持しようとする程度では、
確実に下手になっていく。

上達を目指す位で丁度良い。
あとは、継続して稽古や練習をしていく事。

どんなに上手い人でも
稽古や練習をしていない期間が
長くなればなるほど
確実に下手になっていく。

理想は毎日稽古への参加か
自主練習を行なうことだが

それが難しい場合には
一日一回でも武具に触れ、
構えだけでも取ってみたり、

何週間も稽古に参加出来ない時には、
一週間に一回でも自主練習してみる事。

忙しい場合には、中々難しいそうだが
現実的に一日5分や10分の
時間を取れない人は、
いないだろう。

気持ち的な事は、
あるかも知れないが・・・

稽古も自主練習も
上達には必要で
日々継続して行なう事が
とても大切という事(^ー^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です